投資に絶対はありませんでした

投資に絶対はありませんでした 宝HD
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、よこです(^^)/

今日は、タカラ本みりんやタカラcanチューハイなどの商品でおなじみの「宝ホールディングス」の優待についてお話しします。

優待品のご紹介

宝HDから、優待品のご案内パンフレットをいただきました!お酒の詰め合わせ、調味料の詰め合わせ、社会貢献活動への寄付、からの選択式です。

宝HDの優待案内

私は100株保有なので、画像の左側に記載されているコースから調味料の詰め合わせを選びました。

わが家は和食派なので、みりんや料理酒をよく使います。でもこういう調味料って意外と高いんですよね…。タカラの本みりんは有名ブランドですが、まさにみりんの中でもちょっとした高級品なので、普段は正直なかなか手が出せていません。こういう商品を優待品としていただけるのは、非常にありがたいです!(^^)

株購入のきっかけ

宝HDのように自社商品がもらえるタイプの優待は、もらえる優待品が自分にとって価値あるものかが大事だと思っています。言わば配当金の代わりに優待品をいただいているようなものなので、いただいたものを使わないのは、配当金が減額されているのと実質的には同じことになってしまいますからね(^^;

なので私の場合、優待品が決まっているタイプの銘柄は、具体的に何をいただけるのかを事前にチェックします。「これは使わなさそう…」と思った優待品があれば購入を見送るので、実はこのタイプの銘柄はあまり多く持っていません。

宝HDは、100株保有の場合の優待品として毎回「みりん」や「料理酒」が選べて、どちらも私にとって価値ある品です!その上で、業績や資産状況も安定している雰囲気だったので、購入を決めました。

投資に「絶対」はない

こちらの銘柄、今のところ2024年は38円→27円の減配予想です(^^; 2022~2023年の配当が良すぎたので平常運転に戻しますね~という感じのような気がするので、長期保有前提であればあまり問題ない範囲なんじゃないかなぁ、と信じてはいるのですが…。

いつも投資前には過去の配当実績を調べて、「なるべく減配をしていない企業」に投資するようにしているので、まさかこんなに大幅減配の予想を出すなんて、個人的にはちょっとショックでした(>_<)

購入前に宝HDの配当実績をチェックした際には、あまり減配をしない方針の銘柄に見えていたのですが…。やはり投資に絶対はないのだという事が改めてよく分かった出来事でした。

とはいえ今後も長く保有していくつもりなので、将来的には今回の減配のデメリットなんて吹き飛ばしてくれるくらいの成長を見せてくれると嬉しいです(^^)9

※本記事でご紹介している内容は、記事公開日時点の情報です。優待内容が変更となっている場合もありますので、最新の情報は当該企業のホームページ等でご確認ください。※本記事は特定銘柄の購入を推奨するものではございません。投資の最終判断はくれぐれも自己責任でお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました