京都を代表する大企業が株式分割!優待制度はどうなる?

京都を代表する大企業が株式分割!優待制度はどうなる? 株式分割
スポンサーリンク
スポンサーリンク

おはようございます、よこです(^-^)/

”投資”としての株主優待投資」をモットーに、長期視点で資産増に貢献してくれそうな優待株を現在約50銘柄保有しています。

さて、私が現在住んでいる京都には「任天堂」や「ワコール」といった様々な有名企業があります。そんな京都発の大企業として必ず名前が挙がるのが「京セラ」。もはや日本を代表する電気機器メーカーですよね。

今日の記事では、「京セラ」の株式分割ニュースと、株主優待制度、これらを踏まえた投資判断の個人的見解についてお話ししたいと思います。分割のニュースを聞いて「京セラ買おうかな?」「京セラの優待ってどうなるのかな?」と思っている方の参考になれば嬉しいです!

京セラが1→4株の株式分割を行うそうです

先日、京セラが10年ぶりの株式分割を行うことを発表しました。2023年12月末を基準に、1→4株の分割を行うそうです。

ご参考までに、2023/10/3の終値は7,314円です。もしも年末の株価が今と同じ水準であれば、分割後の株価は1,830円くらいになります。私たち個人投資家にとってはかなり買いやすくなりそうですね(^-^)

京セラの株主優待制度はどうなる?

今回の株式分割のお知らせ内に、株主優待に関する記載はありませんでした。そのため「株主優待制度は今まで通り続くのかな?」と疑問に思った方もいるかもしれません。

もちろん今後何かしらの追加発表があって、制度変更がある可能性は否定できませんが…。個人的には、株主優待制度は現行のまま継続する可能性が高いとみています。

そもそも、京セラの優待内容は「全株主を対象とした、通信販売カタログ」です。カタログといっても好きな商品がもらえるわけではなく、京セラの自社商品やサービスが掲載されたカタログの中から、欲しいものがあれば株主がお金を払って申し込む、というタイプのカタログです。ちなみに対象は「全株主」なので、1株保有しているだけでもらえます。

京セラ側で負担するのはカタログの印刷代(1人あたり数円)くらいですし、購入してくれる人が増えればその分自社の売上にも繋がるので、カタログを送る相手をわざわざ制限する理由は考えにくい気がしますよね。

つまり、現状確実な情報とまでは言えないものの、株式分割後も1株保有で株主カタログをもらえる可能性が高いと見ておいていいのではないかな?というのが個人的な予想です。(あくまで予想なので、外れたらすみません!)

ちなみにカタログで申し込めるものには、フライパンや包丁などのセラミック用品、自社ブランドの人工宝石ジュエリー、自社グループホテルの宿泊割引、そのホテルで提供している食品のセットなどがあるようです。

株式分割を見据えた、京セラへの投資はアリ?

京セラの業績をIR BANKの決算まとめページ(外部サイト)で見てみると、さすが日本が誇る大企業なだけあって、業績はかなり安定している印象です。

自己資本比率が高く、長期でも安心して保有できそうな銘柄に見えますが、過去には配当金を減配している年もあるので、思いがけずインカムが減ってしまう可能性があることには注意が必要です。

京セラの「元とれる年数」はどれくらい?

私は普段、配当金と優待だけでどれくらいの期間保有し続けたら投資金額を回収できるかという、通称「元とれる年数」という独自の数値を投資判断の基準としています。

京セラは分割後の配当予想をまだ発表していないので…。現在の株価や配当予想から「元とれる年数」を計算してみると、

2023/10/3終値 7,314円 ÷ 年間配当予想 200円 = 約37年

となります。(株主カタログを利用しない想定の計算です)普段は「30年以内」を目安としているので、良くもないけどめっちゃ悪いわけでもない、といったくらいの水準です。

株主カタログが利用できる人にとっては、かなり割安だと言えそう

京セラは1株保有で優待がもらえるため、株主カタログを1度でも利用するのなら、それだけで投資金額を回収できてしまうポテンシャルを持っています。

例えば1番申し込みのハードルが低そうな食品だと、安いものでも1回の申し込みで1,000円前後の割引が入るようです。1,000円というと現在の株価の約8分の1弱、つまり分割後の1株の値段の約半分(約50%)が回収できてしまう金額と考えると、結構大きいですよね。

「京セラのサービスを利用することはこの先断固として無い!」という方でなければ、とりあえず1株保有して配当金をいただいておいて、キッチン用品の買い替えや旅行のタイミング、はたまたちょっと贅沢したい記念日などにカタログ割引を利用させてもらって一気に投資回収という戦略は、優待投資の観点からは割とアリなのでは?と思います。

私の場合は、京都市内にある「ホテル日航プリンセス京都」のレストランを、何かの記念日に利用することが一生のうちにあるかもしれないし、無いかもしれないな、と思っています(笑)大人2人でたった1回利用すれば、それだけで分割後の株価の元が取れてしまいそうな高級レストランです。

とはいえ、いくら優待があるといっても不必要なものを申し込んでしまっては本末転倒ですよね。もし実際に投資した際には、カタログを見て本当に必要なものだけを申し込むようにしたいです!

※本記事でご紹介している内容は、記事公開日時点の情報です。優待内容が変更となっている場合もありますので、最新の情報は当該企業のホームページ等でご確認ください。
※本記事は特定銘柄の購入を推奨するものではございません。当サイトではいかなる責任も負いませんので、投資の最終判断はくれぐれも自己責任でお願いいたします。

この記事を書いた人

よこプロフィール画像

よこ

株主優待投資で資産5000万円を目指している人です。
投資家デビューから3年目、もうすぐ2000万円が見えてきました。
「”投資”としての株主優待投資」をモットーに、長期視点で資産増に貢献してくれそうな優待株を現物で約50銘柄保有しています。
詳しいプロフィールを見る

ブログランキングに参加中!バナークリックで応援いただけると嬉しいです!↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました